「皮かぶり」と言われる男性の悩み、それは所謂「包茎」のことですね。
包茎には大別して、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎があります。
真性包茎は、陰茎が正常時でも勃起時でも常に皮をかぶったままの状態のことです。
仮性包茎は、陰茎が正常時は皮をかぶっていますが、勃起時には皮が剥ける状態のことです。
カントン包茎は、仮性包茎のように皮を剥くことはできますが、皮の口が狭いために皮で陰茎を圧迫させてしまう状態のことです。
本来、男性は生まれつき包茎で、成長過程の中で皮がむけて常に剥きだしの状態になれるのですが、それでも大半の男性は成人しても包茎のままです。
そのため恥ずかしがる必要はないのですが、銭湯では同性の目が、性行為時には異性の目が気になるという人は少なくありません。
そのため、どうにか改善したいということで包茎治療があります。
包茎治療は手術によって皮を切除し、常に剥き出しの状態にする治療方法です。
これによって包茎から悩まされることはなくなります。
ただ、仮性包茎の場合は精神的悩みの解決のための治療になり、必ずしも必要な治療ではないのですが、真性包茎やカントン包茎の場合は陰茎のトラブルにつながることもあるため治療をした方がいいとされています。
例えば真性包茎なら常に皮がかぶっている状態ですので不衛生になりがちで臭いは元より、病気を引き起こしやすくなります。
カントン包茎は皮で陰茎が締め付けられて、痛みや腫れなどを引き起こす可能性があります。
包茎治療を受ければ、このようなトラブルからも解消されるでしょう。

サウナスーツ
さまざまなサイズを取り揃えています。

Category : 治療の体験談